硬水と軟水の違い

地球上には海水と淡水があります。生活用水として適さない海水はちょっと置いておき、生活を送る上で欠かせない淡水についていろいろ知っておきましょう。
まずは「水の種類」です。

水(淡水)は大きく分けて「硬水」と「軟水」の2つに分別されます。水にはカルシウム・ナトリウム・カリウムなどのいろいろなミネラル成分が含まれています。このミネラル成分の含有量によって硬水か軟水かに分かれます。水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を測定し算出した数字によって硬度が決まります。分類としては
●硬度0〜100 軟水 
●硬度101〜300 中硬水 
●硬度301以上 硬水 

となっています。硬度の決め手となるミネラルは主に山や大地を作っている岩石に含まれています。そのため、岩石に長期に渡って接していた水のほうが、岩石から溶け出したミネラルを多く含むので硬水になりやすいです。広い大地や山脈の多いヨーロッパやアメリカなどの水はそのため硬水が多いです。
それに対し、国土が狭いために、長期に渡って岩石と接することなく抽出される日本の水は軟水の場合がほとんどです。

味についても硬水と軟水は違いがあります。硬水はミネラル成分が多いために苦みを強く感じます。栄養価は高いのですが飲みにくいのが難点であり、料理にも向いていません。それに対し軟水は味がまろやかなので飲みやすく、料理の味に影響を与えないのでいろいろな料理に活用出来ます。
水の硬度を知っておくことで生活の幅が広がることでしょう。