さらに細かく分類

水は含まれるミネラルの量によって軟水・硬水に分けられますが、他にもその水が持つ特徴によっても分類されます。

@「原水」 自然に湧いている地下水。井戸からくみ上げたり、岩の隙間から自然に湧き出ている水。誰でも無料で自由に採取出来る場合が多い。
A「水道水」 お馴染みの蛇口をひねると出てくる便利な水。プールで砂などの大きめの沈殿物を沈殿させた後、ろ過処理によって細かい不純物を取り除き、塩素を入れて雑菌処理をした水。
B「ナチュラルウォーター」 特定の水源より採水された地下水。@の原水をろ過・沈殿・加熱処理のみを施したもの。
C「ナチュラルミネラルウォーター」 Bと同じく特定の水源で再出され、ろ過・沈殿・加熱処理もされるが、地下で長期間停滞していたために、しみ出した地層のミネラルを含んでいるのがナチュラルウォーターと違うところ。
D「ミネラルウォーター」 ナチュラルミネラルウォーターと同じ水質の水ですが、処理法に違いがあります。ろ過・沈殿・加熱の他に、ミネラル量の調整・複数の原水の組み合わせ・ばっ気(水に空気を送り込むこと)・オゾン殺菌・紫外線殺菌などの多数の処理が行われた水。
E「ボトルドウォーター」 飲料水として認められた水。河川の表流水・蒸留水など。処理方法は特に決められていない。
F「RO膜水」 逆浸透膜(RO膜)というミクロレベルの膜でろ過した水。ダイオキシン・O-157・ホルムアルデビドなどの有害物質をも徹底的に除去したもの。ミネラルも除去されるので、純水(ピュアウォーター)とも呼ばれる。